ストックフォト

ストックフォト・2019年3月の収益報告

ぼくはカメラマンですが、得意を生かした副収入を求めて、

2017年末にストックフォトを開始しました。

2019年3月には、このブログを開始したり、ブログのツイッターを開始したり、

けっこうバタバタとしていたので、投稿が少し疎かになってしまいました。

それでは、3月の収益を書いていきます。

 

2019年3月のストックフォト収益

ぼくが登録しているストックフォトのサイトは5社です。

Adobe Stock
Shutter Stock
PIXTA
iStock
amana images PLUS

iStockとamana images PLUSは、今年になってから投稿を開始したのでまだ全然・・・、1枚も売れていません・・・。

それでも少しずつ投稿数は増やしており、早く最初の売り上げを報告したい!

maru
maru
辛抱、辛抱・・

収益が上がっている3サービスを書きます。

販売数 先月の販売数 収益 先月の収益
Adobe Stock 180 200 20,200円 22,000円
PIXTA 150(18) 130(10) 20,300円 11,000円
Shutter Stock 57 50 21USD 60USD
約42,600円 約39,000円

※販売数のPIXTAの()は単品購入の数です。
※数字は全て、1%未満を四捨五入したおよその数です。
※1USD=100円で計算します。

先月よりアップ!!!

まあめ
まあめ
おめでとーー

 

数字を見ての感想

まさか、先月の数字を超えてくるとは思っていませんでした。

理由としては、先月は、Shutter Stockのラッキーパンチ(1枚45USDくらいの高単価)があったので、それが今月はなかったことと、なんとなくAdobe Stockが調子悪いなあと感じていたからでした。

PIXTAは先月より売れてると思っていましたが、まさかここまでとは・・・。

ぼく個人としては、PIXTAの収益がAdobe Stockを超えたのは初めてでした。

売り上げアップも単純に嬉しいですが、それ以上に、

ラッキーパンチでの好成績を、積み重ねの成績で超えてくれたということが嬉しいです。

Shutter Stockも、収益は落ちているものの、販売数は10%以上アップしているんですよね。

写真の単価に関しては、購入者の購入プランによって決まりますので、運任せといいますか、販売する側で決められません。

ですので、収益の数字の多少の増減は誤差だと捉えるほうが良いと思っていますが、販売数の増減はそのまま需要の増減になりますので、この数字が伸びているのは嬉しいです。

maru
maru
だからこそAdobe Stockの減りは痛い・・・

 

3月の活動

3月は、ブログを開始したり、ツイッターを開始したりで、

ストックフォトの撮影や登録にはあまり時間をかけられませんでした。

とはいえ、ブログではストックフォトの記事を書いていましたので、

ずっとストックフォトのことを考えていたなーという感じです。

ブログを書き始めて感じたのは、知識やルールの把握が超テキトーだったなあ、ということ。

初心に帰ってといいますか、ストックフォトの疑問などを解消すべく、

PIXTAの初心者セミナーを受講してきました。

なんとなく分かったつもりであったり、確信の持てなかったことをPIXTAのかたに色々と聞いてきました。スッキリした部分もあったので、これからの記事に反映させていければ!

maru
maru
とてもきれいで、想像より大きな(すいません)オフィスでした。

 

4月の目標

さて、4月ですが、

目標としましては、数字を減らさないこと!笑。

それから、

iStockとamana images PLUSで1枚売ること!!

です。

コツコツ頑張ります!桜も撮りに行きます!

 

後日追記

後から知ったのですが、

3月は期末ということもあり、企業の駆け込み需要が結構あるらしく・・・。

普段より大幅に売上が上がる人もいるみたいです。

ぼくも確かに月末にちょっと売上が上がりました。

それでもトータルで先月より微増ということは・・・!!

実質的な売上=需要は落ちているということですね・・・。

確かに、日本のPIXTAは売上が上がっているのに、

全世界的なAdobe Stockは落ちてる!!

気を引き締めて頑張ります!!