ストックフォト

ストックフォト・2019年2月の収益報告

ぼくはカメラマンですが、

副収入的な感覚で、ストックフォトでも活動しています。

ストックフォトを本格的に始めたのは、2017年末です。

スタートして約1年経過という状態です。

2月の収益を書いていきます。

2019年2月のストックフォト収益

ブログを始めたのが数日前(笑)なので、

ブログでの収益報告は初めてになります。

ぼくが登録しているストックフォトのサイトは5社です。

Adobe Stock
Shutter Stock
PIXTA
iStock
amana images PLUS

ただ、実質活動できているのは、上3つで、
iStockとamana images PLUSは、
投稿者登録だけして少し写真を登録しただけで、実質的にはまだ活動できていません。

maru
maru
早く稼働させたい・・

なので、稼働している3サービスのみ書きます。

それでは、まずはざっくりとした数字から。

Adobe Stock 200枚 22,000円

Shutter Stock 50枚 60USD

PIXTA 130枚(うち、定額制120枚) 11,000円

合計約40,000円弱です。

はじめての報告記事なので読んでいるみなさんには伝わりにくいですが、

ぼくの収益としては最高値ですね。

まあめ
まあめ
うれしいね!ふだんは25,000円くらいだっけ?

じつはShutter Stockで、1点で約45USDという高額での購入がありました。

pcpc
pcpc
購入した人は150USDくらいの価格で買ってくれたのかな?ありがたや。

他のサイトも含めて、単価の過去最高値です。

maru
maru
(ストックフォトって単価のマックスはどの社でどのくらい出せるんだろうか?)

こういうのがたまに来ると嬉しいですね。

かめらさん
かめらさん
そんなに甘くないぞ。

でも2月は全体的によく売れてるなーとは感じていました。

ぜひこの調子でいきたいです!

まあめ
まあめ
ふぁいと!

 

ストックフォトで気にすべきは収益より販売回数

もちろん販売額合計=収益そのものが上がると嬉しいですが、

販売回数を意識したいです。

 

ぼくの登録しているストックフォトのサイトでは、

自分で写真の値段をつけるわけではなく、

購入サイズや購入する人の契約プランによって価格が決まります。

つまり、写真の単価はコントロールできない要素なんです。

maru
maru
販売数が増えるとユーザーランクが上がり、収益率も少し上がります
かめらさん
かめらさん
PIXTAで低価格での販売をオフにすることは可能です。その分アクセスも下がりますが・・。

 

なので、収益の金額そのものは、のんびりと見ておくくらいにしておいて、

自分の方向性があっているのか、アカウントが成長しているのかを確かめるのは、

販売数が伸びてきているかどうか、だと思います。

販売数が伸びてくれば、

その分収益そのものも上がってきますし、

また、いろんな契約プランの人が買ってくれていると考えると、

金額全体の振れ幅も安定して来るのだと思います。

なので、販売数をもっと増やしていきたいですね。

* * *

個人的には、あとは、登録はしたものの、まだ全然手付かずの

「iStock」「amana images PLUS」で、なんとか1枚でも売りたい!

売れるかどうかは別として、売れる状態まで登録数を持っていきたい!

そのあたりが今後の目標になってきそうです。

以上、2019年2月のストックフォト収益報告でした。

おーびーけー
おーびーけー
3月も登録がんばろうね