ストックフォト

ストックフォトに向いている人とは

このブログでは、ストックフォトを副業に・・・と考えている人に向けて、

ぼくがストックフォト投稿をはじめてみて感じたことを書きます。

では、いったいどんな人がストックフォトに向いているのか?

 

写真を撮るのが好きな人

ストックフォトは写真を売るサービスなので、

写真を撮るのが好きというのは大前提の条件になるでしょう。

単純に、好きなことを生かすという点でも効率が良いです。

 

もちろんこれまで写真を撮ったことがない人が、

ビジネスライクに取り組むことも可能ですが、

すぐにガッツリとした収入が入ってくるのはけっこう難しいです。

 

長期的なスパンで取り組むことになると思いますので、

やはり写真やカメラが好きなほうが取り組みやすいかなーと思っています。

 

でも別に、写真がめちゃくちゃ上手くないと売れない!

ということでもないと思います。

ぼくの経験でも、「えっこれが??」という写真がたまに売れたりします。

 

技術的に上手い写真にも価値がありますが、

同時に、ある程度の技術でもセンスのある写真にも需要があるでしょう。

一眼レフやミラーレスを使うことができて、

自分の好きな写真をある程度撮ることができれば、

スタートラインには立っていますよ。

ですので、写真が好き、であれば、

上手いかどうかはそれほど関係ないような気がします。

maru
maru
ストックフォトじゃなくても、好きという気持ちはけっこう大事ですよね

 

コツコツ作業が苦でない人

ストックフォトでは、

撮影した写真をサイトに登録する必要があります。

登録の準備として、

露出を整えたり、不要物を除去したりして、

ストックフォトに適した写真にします。

 

それから、写真をサイトにアップロードして、

タイトルをつけたり、検索のためのタグ付けをする必要があります。

いくら良い写真でも、検索結果に出ないと全く意味がないので、

タグ付けはすごく重要な作業です。

 

また、登録する写真の量がモノを言う世界ですので、

継続的に投稿する努力が必要になります。

写真のアップロードだけではなく、

タイトルやタグ付け(最重要!)にも、それなりに時間がかかります。

ブログ運営も、

100記事書いてからがスタート、毎日書くのが必須、

というようなことが言われていますが、

似たような感じかもしれません。

ただ、ブログのように月に数十万!数百万!!というのは、

ちょっと難しいかなと思います。

maru
maru
トッププレイヤーはいざしらず。
まあめ
まあめ
めざせ!とっぷぷれいやーー

 

ぼくの場合は、ストックフォトサイトに登録し始めた頃はほぼ無音でしたが、

登録する写真の数が増えてきてから、徐々に売れ始めて来ました。

2、3ヶ月目くらいからでしょうか。

本当にコツコツ型ですね。

ぼくは、1日に10枚程度を登録しています。

時間でいうと15-20分程度。

毎日作業すれば月に300枚近くになりますし、

慣れてきて複数のサイトを使うようになりますと、

10枚x3サイト=実質30枚の登録、のようになります。

 

一気にたくさんの写真を作業するのは大変ですし、

うまくいかなかった時の落胆も大きいので、ちょこっとずつで良いと思います。

まとめての作業ですと、

その時間が取れなくなった時に次第に面倒になってしまう。。

似たような写真をまとめて登録して、タグ付けを共通にすることで、

かなりの時間の節約になります。

 

冷静な人

最後に、冷静な人が向いています。

写真が好きでストックフォトを始めたとしても、

お金が発生しているので、多少は「好き」とは切り離すクールさが必要があります。

お気に入りの写真を売りたい、でも良いですが、

売れる写真ってどういう写真だろう、

自分の得意な撮影スタイルや被写体のうち、

どういう写真に需要があるのだろう、と考えられる冷静さが大事ですね。

自分の得意ジャンル、よく撮る被写体の中から、

収益につながりそうな写真を考えていくのが、

無理せず、クオリティの高い投稿が期待できそうです。

maru
maru
ちなみにぼくは本当に好きな写真は投稿しないようにしています。
pcpc
pcpc
ストックフォトに登録した写真の権利はあくまで撮影者のままです。ストックフォトで売れても、撮影者がその写真の権利を失うわけではありませんよ。

* * *

ぼくの場合は写真撮影を仕事にしているので、素材も撮りやすく、写真の数も多いです。

ただ、趣味で撮られている人でも、

ぼくよりも売れそうな写真を撮れる趣味の人はたくさんいると思いますし、

いい感じで撮ったはいいもののこの写真どうすればいいの??

という写真はけっこう眠っているはず。

活用してみてはいかがでしょうか。

 

意外な写真が売れたりして、

その写真がどう使われているのか考えてみるのも楽しいです。

月に5000円の収益になれば、

年で見ると60000円!!機材の買い足し費用くらいにはなりそうですね。

 

最後に、

写真が好きな人が、副業、副収入として取り組むストックフォト、

写真が嫌いならないように、適度な距離感で、

期待しすぎずに取り組むのが良いのかなと思っています。

こつこつ頑張りましょーー。